スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さむげ荘のキムチな彼女というアニメで朝鮮ステマが酷い事になっているようだ

寒下痰という名前の中国料理の物まね朝鮮料理がごり押しされたみたいだ。

だれがそんなキムチ悪いアニメなんか見るもんか!

制作会社は朝鮮半島に帰ったほうがいいんじゃない?

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

ヨスガノソラ 感想

ヨスガノソラ
製作会社:feel
初回放送時:2010年10月 東京MX
評価:S
全12話 完結

学園 恋愛 伝説 神社 田舎 妹 幼馴染 巫女 お金持ち うつ 夏

スーパーが一軒しかないような田舎を舞台にして実の妹までを対象とした
オムニバス形式の恋愛アニメ。

というかスーパーが一軒しかないって相当だろ・・・

まずこのアニメは単なる恋愛アニメではなく、暗めの音楽をバックに
サスペンス的な雰囲気を漂わせていて、観る側を飽きさせない。

女子高生の巫女が一人で神社に住んでたり、兄妹二人だけで生活していたりと
設定におかしなところがあるが、全体的に丁寧に作られていて
上質な恋愛アニメとして楽しめると思う。

内容についてなのだけれど、よく放送できたなというのが第一印象・・・

正直きわどいアニメを他にいくつも観てきたつもりだけれど、これほど直線的な表現のアニメは
初めてだ。

最初1話を観て、のどかな田舎の雰囲気とか音楽とか、どこかホラーめいた雰囲気とか
とてもいいと思ったのに、いきなりあからさまな性描写がいきなりきてびっくりした・・・

雰囲気とか音楽とか、本当にいいと思ったのに、なんでそういう方向で勝負しなかったのか・・・

私は別に性描写が悪いといっているわけではない。作中で出てきた性描写は特に不自然さは
感じず、作品の本質的なイメージを変質させるものではなかったと思う。

しかし、このアニメに関しては、私はそういう表現そのものが不要だったと思う。

なぜなら、そういう表現を入れることによって話が薄く感じられてしまった(実際にはそんなことは無い)
からだ。

そういう表現を入れたければ入れればいい。ただし、そういう表現はあくまでおまけであり、
決してメインであってはならないと私は思う。

性行為を描写しているような時間と余裕があったら、もっと雰囲気と音楽を生かした、
恋愛アニメを作って欲しかったと私は思う。


それよりも、ここからが重要なのだが、穹偏の最後の場面が理解できない。

穹と悠、2人とも湖の底に沈んでいったのに、なぜ二人とも生きているのだろうか。

その後の問題点と思われる描写として、

・携帯電話のメールが一通だけおくられてきた
・黒いウサギの人形が裂けていたものが家に残されていた
・穹と悠の2人が電車の中にいた描写では黒いウサギはあった
・穹の部屋の窓ガラスが割られていた
・悠の靴が湖から上がったら脱げていた
・最後穹と悠が電車に乗っている場面で窓には空しか写っていない
・神社前に乗り捨てられていた自転車がなぜか問題にならない
・家が空き家になっているのに雨戸などが開けっ放し
・湖に入った時とあがっているところが違う

などがあげられる。これらを一つずつ整理していくと、
・なぜか海外から携帯電話のメールが送られてきた

これは嘘の可能性が高い。具体的な地名も無い上に海外への渡航費用や
その他の手続きなどを考えるとほぼ確実に嘘だと思う。

・黒いウサギの人形が裂けていたものが家に残されていた
・穹と悠の2人が電車の中にいた描写では黒いウサギはあった

買いなおした可能性が高い。ただ同じものがまた手に入るのかどうかが問題。
買いなおしたものでない可能性が残る。


・穹の部屋の窓ガラスが割られていた

なぜこの部屋だけ割られていたのか。おそらく穹が暴れた後である可能性が高い。
人形を引き裂いただけでは飽き足らず暴れたと考えられる。

・悠の靴が湖から上がっていたら脱げていた

これは本当に理解できない。湖の中で脱げるものなのか?


・最後穹と悠が電車に乗っている場面で窓には空しか写っていない

特に下からのアングルでもないのに空しか写っていないのは不自然すぎる。
ただ線路の描写は見られる。また草原を走っている可能性がある。


・神社前に乗り捨てられていた自転車がなぜか問題にならない

普通に湖から上がった悠が回収したと思われる。


・家が空き家になっているのに雨戸などが開けっ放し

生活感が残りすぎている。本当に引越ししたのか疑問。


・湖に入った時とあがっているところが違う

入る時は岸辺だったのに上がったときは湖に面した鳥居の上だった。
これもなぞの一つ。

これらのことから察するに、湖の中で悠の靴が脱げるような何かが起きて、
反対側の鳥居のある岸辺に上がったのだと思う。

・・・そう思いたいが、やはり2人が湖から出られる可能性がほとんど無いと思われるし、
そもそもどうやって反対側の鳥居のところまで泳いだのか疑問が残る。



また鳥居の前の自転車は奈緒が片付ければ問題にならないし、メールは
奈緒が悠の携帯電話を使って送った可能性が高い。



なぜ奈緒がそんなことをしたのかというと、奈緒は穹を憎んでいた節があるが、
おそらく奈緒は穹が湖に行くであろう事を予測していて、だからこそ
そこで起きるであろうことの結末も予想できたのだと思う。

しかし、なぜ2人の死を隠す必要があったのかまでは私もわからない。


反対側の鳥居だと思っていたのは実は別の世界の鳥居だったのだと思う。
そして最後に出てくる電車はおそらく・・・


ということで2人は残念ながらあの湖で溺死した可能性が一番高いと思う。


・・・この作品を通して、雰囲気と音楽は本当によかったと思う。
そして、性描写が強調されがちだけど、それぞれの話もしっかりとしていて楽しめたし、
特に穹偏では穹の内面の葛藤が垣間見ることができて非常によかったと思う。

何度もいうけど音楽と雰囲気が本当に最高だった。そしてそれに負けないくらいシナリオも最高だった。
まだ観ていないという人は是非見て欲しいと思った。


好きなキャラ:
倉永梢

好きだった悠が自分の思っていたような人間じゃなかったことに腹を立てているところが
すごく人間らしくていいと思った。

好きだった分だけ憎しみも強い。その気持ちを大切にして欲しいと思った。


嫌いなキャラ:
依媛奈緒

私はこういう人間が一番いやだ。いい子ぶって裏で色々と動き回る。

穹偏だって神社に住んでる瑛に連絡しておけば見つけてくれた可能性が非常に高かった。
なのにそれをしないばかりか神社前に乗り捨てていた悠の自転車をこっそり回収、
偽メールまで打つなんて根性が悪すぎだろ・・・

悠の不幸はこの女に付きまとわれてしまったこと。こいつのせいで穹も苦しむことになった。
そういう意味では人間らしいって言えば人間らしいんだが、あまりにもリアルすぎて
本当にいやだ・・・

テーマ : ヨスガノソラ
ジャンル : アニメ・コミック

恋愛アニメ一覧

SS
俺の妹がこんなに可愛いわけがない



青い花
キミキス pure rouge
中二病でも恋がしたい!
ときめきメモリアル OnlyLove
ヨスガノソラ


true tears
FORTUNE ARTERIAL-フォーチュンアテリアル-赤い約束



とらドラ!
初恋限定。
マリア様がみてる 4thシーズン


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
制作会社:AIC
初回放送時:2010年10月
評価:SS
全16話 未完結

アニメ 同人誌 フィギュア コミケ PCゲーム アイドル SNS 学園 妹 千葉  恋愛 オタクネタ

まず最初に、このアニメはgood endとtrue endに分かれていて、地上波では
12話good endしかやっていないので、16話まで観たいという方は
レンタルするなどして観てください。



このアニメを観る前は、正直期待していなかった。よくあるライトのベルが原作の
一クールアニメだと思っていた。

だが、このアニメを観てみると、登場人物たちに妙にリアルな存在感を感じた。

一つ断っておくが私は今までに多様なアニメをたくさん観てきたし、オタクネタを題材としたアニメも
観てきたつもりだ。

だが、このアニメはなんというか、ヒカルの碁や咲のように、ルールを知らなくても
麻雀や囲碁についていかにも知っているかのような錯覚を覚えたように、
いつの間にか自分もオタクになっていたような気がした。

何の抵抗もなく主人公たちに感情移入できてしまったのだ。

正直驚いた。

主人公の妹である桐乃は、アニメとエロゲーが大好きな女子中学生なのだが、その趣味を
隠すことが限界となったところで兄に相談して解決していく、というのが主なストーリー
なのだが、いわゆる勉強スポーツ万能と、才能あふれるツンデレ妹という設定が
まずありえない。だが、あり得ない所がまたいい。

しかもいきなり兄にエロゲーがどうとか相談しだすとか、ありえなさ杉だろw
いくら友人がまじめな人間ばかりだからといって
相談するにしても家族は無いわwwww

現実でカミングアウトできないなら、ネットの匿名SNSで満足するしかないだろ。
はっきりいって相談するまでも無いことなのだが、勉強ができて頭
がいいはずの妹が相談したのはなぜか兄・・・

これ兄である京介が親にばらしたらどうするつもりだったんだ???

まあ、その辺は妹が実は兄のことを頼りにしていて、信用していたということにしておけば、
さすが桐乃、人を見る目がある。で済む話ではあるのだが。

ただ、桐乃の人物眼は確かなようだ。

友人であるあやせもいいやつだし、序盤で友人になる黒猫や沙織・バジーナなど、
信頼の置ける優れた仲間をオフ会で得ることに成功した。

人を見る眼がなかったら、その場の雰囲気で適当なやつが仲間になっていただろう。

優れた人物の周りには優れた人物が集まるということを地でいくよい例だろう。

次に、兄である京介も普段妹に対しよい感情を持っていないにもかかわらず
なぜか妹のおせっかいを焼く。

これは実は京介は桐乃に木があるのではないかという複線かと思っていたのだが、
アニメを全部観てもそのような描写は無かった。

むしろTrue Endでは京介の行動力には感動した。

ただ、True Endでは突然メールが来るとか、アメリカに行って何ヶ月も連絡が無いのに
そのままとかあまりにも普通じゃない状態だったのが気になるけどw

そもそも、桐乃は頭がいいのだから、自分の実力がわかってるだろうに、
何で陸上のためにわざわざアメリカにまで行ったのか理解できない。

日本で実力をつけてからとか、学業を頑張ってそっちでアメリカに行くとか、
選択肢は無数にあったはずなのに、なぜか突然留学とか、
設定が破綻するような行動だ。

他にも京介が幼馴染と一晩一緒に寝るとか、妹と一緒にエロゲをするとか
妹の女友達と一緒に遊ぶとか、妹とラブホテルに泊まるとか、
常識では理解できないような展開についていいたいことは
山ほどある。

だが、面白かったものはしょうがない。

上に挙げた例も、このアニメを通してみると、なぜか当たり前のように思えるから不思議だ。

ジャンルと内容から考えて、とても人気が出そうも無い作品なのだが、観てみて
なぜ人気が在るのかわかったような気がした。まさに奇跡のような
アニメだと思った。

ただ、このアニメで町おこしは不可能だけどw無理すぎw

ジャンルと題名などでこのアニメを敬遠している人がいるのならば、一度
観てみて欲しいと思う。絶対に後悔はしないはずだから。

極めてオタク的な内容でありながら、万人?におすすめできる超優良アニメ。
本当にお勧めですw



あ、レンタル屋にいかないとTrue Endは観ることができません。地上波では
12話(good end)で終了しましたので。

個人的にはTrue Endは蛇足だとは思ったのですが、True Endは主に
黒猫がアメリカに行ってしまった桐乃にかわって京介に世話を焼かれる
という内容なので、黒猫好きの人にはお勧めですけどw

あと、京介の友人である赤木の妹の、ガチホモ好きの赤城瀬菜が登場するので、
一見の価値はありますが・・・

しかし黒猫と赤木の妹は頭がよさそうなのに何でこの高校に入ったのだろうか。
・・・まあ本当にどうでもいいことだけどw

最後に、これEDが毎回変わってすごいと思った。スタッフの方は本当にお疲れ様でした。
いいアニメを作っていただきありがとうございましたw

好きなキャラ:
沙織・バジーナ

桐乃の友人にして、主人公と並びオタク側客観的視点から物語を俯瞰する重要なキャラ。

SNSのオフ会で桐乃をフォローすると見せかけて、ちゃっかり友人になるなど
抜け目ない行動に舌を巻く。

最後まで素顔が明かされないなど、隙の無い存在。というかなんでオタクの格好をしてるんだろうか。
見かけで騙すためだとしたらやはりとんでもないキャラだwでもそれがいい。

嫌いなキャラ:
特になし

実はこのアニメ、それほど人物描写が深くされているキャラはほとんどいない。
沙織・バジーナなど素顔すらわからないまま。

また桐乃の友人の来栖 加奈子や新垣 あやせなどほとんど登場しない。
京介・桐乃・黒猫・沙織・バジーナのやりとりが主。

そういう意味では他のキャラをもっと描いて欲しかった。

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

ベン・トー 感想

ベン・トー
制作会社:david production
初回放送時:2011年10月  東京MX
評価:A+
全12話 未完結

バトル 学園 部活 半額弁当 スーパー 百合 従姉弟 恋愛


半額弁当をめぐりなぜかバトルが繰り広げられるアクションアニメ。

まずこのアニメはOPがとてもいい。勢いがあり、明るく、このアニメの内容とマッチしている。
EDもいいが、やはりOPが一番の出来だ。音楽もかなりいいし、作画も安定している。

そして問題の内容だが、このアニメの根底には、大前提として半額弁当をゲットするための
手段としてバトルが用意されている。

それは数が限られた半額弁当を得るための最終的な手段のわけだが、半額弁当が殴り合いをしてでも欲しいというわけだ。
つまり、逆説的に考えれば、半額弁当を得るためには何をしてもゆるされるというわけだ。

もちろん作中ではそのような姿勢を見せた敵はあっさりと敗れ去った。

集団戦を得意とするダンドーと猟犬群に対し、主人公である佐藤 洋は自力で勝ちとることに
意味があると考えた。

そして、HP同好会の次なる敵ガブリエル・ラチェットのモナークが半額弁当を得るという目的を見失い、
逆に強さのみを求めているのに対し、槍水先輩がその目的の大切さも説いた。

つまり、半額弁当と自力で勝ち取ること、この2つが両立して初めて半額弁当を得たと
言えるわけだ。

ただ、最終話でこの説は崩壊してしまう。

最終話の前に、そもそも集団戦も弱いものが半額弁当を得るための立派な手段であると思う。
それを否定したら結局は弱者は強者の前になすすべがなくなるからだ。

つまり、半額弁当を手に入れるためならどんな手段を講じても許されて然るべきだと思う。
そもそもそれが一番の目的なのだから。

もっとも、それを許したら、必然的に狼達は徒党を組んで集団同士の争いになることは必至なのだが・・・

そして問題の最終話。

10話からオルトロスと呼ばれる最強の狼が現れる。

この狼の強さは異常で、モナークや、槍水先輩も倒されてしまう。

はっきりいってどうやってこの最強の狼を攻略するのか、最終話にとても期待していた。

ところが、最終話では槍水先輩は風邪で寝込んだまま参戦せず、何よりその内容に驚いた。

11話の最後でヘラクレスの棍棒という狼が登場したのだが、その狼の戦略に期待していたのだが、
その戦略とは無駄な抵抗をせず半額弁当を引き渡すというものだった・・・

最終目的は半額弁当を手に入れることであり、このような作戦は絶対にありえない。

しかし、よくよく考えてみると、半額弁当が残りひとつでない限り、オルトロスたちが弁当を手に入れても
まだ半額弁当は残っている。

それに、最終話ではっきりしたことは、強い狼相手にはどうにもならないということだ。
弱い狼はみんなハイエナになるしかない。

集団戦などでもその戦い方が非難されたが、 それと同等の強さを持つ個の出現によって、
微妙なバランスを保っていた戦闘バランスが崩壊してしまった。

つまりバトルを楽しむことと、半額弁当を手に入れることの両立はありえないというわけだ。

さらに、最終話で佐藤による説得wでバトルが始まるも、なぜかオルトロスがバトルで負ける。
これは本当にわけがわからなかった。

なんで槍水先輩やモナークを倒したオルトロスが負けるんだろうか。負けた理由は何だろうか。

残念ながらそこの部分がはっきりせずこのアニメは終わる。最後は仲間内で仲良く半額弁当を食べていた。
オルトロスも含めて。

これこそが本当の馴れ合いではないだろうか。このような戦いを行いながら集団戦を否定する
主人公・・・

・・・色々批判を書いてしまったが、やはり半額弁当を手に入れるということと、バトルを楽しむという
2つの目的は両立し得ないものであるということが改めて明らかになったと思う。

このアニメは日常はとても面白く描かれているし、色々な要素が詰め込まれており、
指摘した部分意外は本当に楽しめた。

それだけに最終話での方向転換というか、突きつけられた現実が非常に大きかった・・・

最終話でのストーリー崩壊を恐れず、奇抜な設定で面白いバトルアニメを見てみたいという人には
本当にお勧めだと思う。というか多くの人にも是非観て欲しいアニメだと思う。

なんだかんだいいながら、これだけ楽しめたアクションアニメは久しぶりだった・・・

好きなキャラ:
二階堂 連

なんとなく頼りないところが主人公とそっくりだが、行動力はこちらのほうがある。
物語を通して最も成長したのがこの狼ではないだろうか。
主人公の影を薄めることに大きく貢献した。

嫌いなキャラ:
特になし。

このアニメは本当にどのキャラも愛すべきキャラで満ち溢れていた。このアニメと
出会えたという幸運に感謝したいと思う。



テーマ : ベン・トー
ジャンル : アニメ・コミック

このブログについて
このブログはアニメについての感想を書くブログです。 なので、まだアニメを見ていない方は 注意してください。

フォウラ

Author:フォウラ
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
ブログランキング参加中です
面白いと思ったらクリックお願いします<(_ _)>
新作アニメ情報
Loading...
ツイッター
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

物井や四街道の風景

アニメこれを見てみた
お気に入りブログと製作会社
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ライター系
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。



サンプル・イベント・モニターならBloMotion
あなたのお気に入りアニメを教えてください
RSSリンクの表示
巡回サイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。