アニメ 感想 一覧表へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アニメ 感想 一覧表へ
面白いと思ったらクリックしてください<(_ _)>


アニメ 感想 一覧表へ

喰霊 -零- 第10話「悲劇 裏 -ひげきのうら-」

今回も衝撃の展開だった…
このアニメは序盤ですでに誰が死ぬかわかっているから
観ることがつらい点がポイントだと思う。

しかし、とうとう今回の話では、先行した2話の続きが。

まず、黄泉に始末される桜庭が今回はいい味を出していたと思う。
黄泉になぶられながらも痛みに耐えて必死に命乞いをしていたところがまたいい。

そして、最後はきっちり止めを刺されるところもよかった。

また、幽とかいう小物も当たり前のように倒されたけど、別に面白くなかった。
むしろ生かしておいたほうがよかったのではないかと思った。
黄泉が手を下す価値もないでしょう。あの男は。
黄泉の手が穢れてしまった…

今回残念だったのは、突然神楽パパがしゃしゃり出てきたこと。
どうせ話しに絡むのならば、もっと早くから絡んでもいいのではないかと思った。

そうすれば、黄泉の悪霊化?ももしかしたら防げたのではないか。
いまさら出てこられても、違和感しか感じなかった。

また、黄泉の甘さも気になった。

てっきり死んだと思っていた神楽は生きていたし、紀之も始末しなかった。
もう引き返せないところまでやってるんだから、
この程度の連中は何の迷いもなくさくっと倒してほしかった。

この二人をあっさりと次で倒して、次は対策室の室長を倒してほしい。
元はといえばあの二人が原因なのだから。

あの二人には、桜庭以上の苦しみを与えて欲しいと思った。

なんかいろいろ黄泉の中途半端な面が出てきた今回の話だったけど、
そうやって迷う黄泉もまたかっこいいと思った。

次こそ、黄泉の大活躍を期待したいと思う。

関連記事
スポンサーサイト


アニメ 感想 一覧表へ
面白いと思ったらクリックしてください<(_ _)>

テーマ : 喰霊-零-
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

喰霊-零- 第10話 「悲劇 裏 -ひげきのうら-」

「いいわ、抉るから」 悪霊化した黄泉はまず冥パパを殺害・・・ しかし、あの机のライトの光量は異常だろw あんなに眩しかったら字も読み...

『喰霊-零-』#10「悲劇裏(ひげきのうら)」

「私を殺して」 OKポッキー?ラジオを聴きながらレビュー中です☆ 突如病院から消えた黄泉。 時を同じくして特異点が現れ、超災対策室が...

喰霊-零- 第10話 「悲劇 裏 -ひげきのうら-」

悪霊化して復讐劇の幕を開けた黄泉。そしていよいよ繋がる過去と現在。 しかしYOUさんはいったいなにを照らしたくてあんな方向にライトを向...

(アニメ感想) 喰霊-零- 第10話 「悲劇裏 -ひげきのうら-」

雅さん作↑ 突如病院から消えた黄泉。だが、未だその消息がつかめずに心配する神楽・・・。そんな中、紀之は黄泉の無実を晴らさんと一人調査を続けていた・・・。

喰霊-零- 第10話 「悲劇裏-ひげきのうら-」 感想

「私を殺せば止められるわよ。ほら、早くしないと彼死んじゃうわよぉ?」

喰霊-零- 第10話 「悲劇 裏 -ひげきのうら-」

今の私は死の穢れよ――。 殺生石に取り込まれ闇に堕ちた黄泉。 幽に復讐を果たし…そしてかつての仲間・対策室メンバーの前に現れる。 つ...

コメント

非公開コメント

このブログについて
このブログはアニメについての感想を書くブログです。 なので、まだアニメを見ていない方は 注意してください。

フォウラ

Author:フォウラ
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
ブログランキング参加中です
面白いと思ったらクリックお願いします<(_ _)>
新作アニメ情報
Loading...
ツイッター
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

物井や四街道の風景

アニメこれを見てみた
お気に入りブログと製作会社
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ライター系
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。



サンプル・イベント・モニターならBloMotion
あなたのお気に入りアニメを教えてください
RSSリンクの表示
巡回サイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。