アニメ 感想 一覧表へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アニメ 感想 一覧表へ
面白いと思ったらクリックしてください<(_ _)>


アニメ 感想 一覧表へ

ベン・トー 感想

ベン・トー
制作会社:david production
初回放送時:2011年10月  東京MX
評価:A+
全12話 未完結

バトル 学園 部活 半額弁当 スーパー 百合 従姉弟 恋愛


半額弁当をめぐりなぜかバトルが繰り広げられるアクションアニメ。

まずこのアニメはOPがとてもいい。勢いがあり、明るく、このアニメの内容とマッチしている。
EDもいいが、やはりOPが一番の出来だ。音楽もかなりいいし、作画も安定している。

そして問題の内容だが、このアニメの根底には、大前提として半額弁当をゲットするための
手段としてバトルが用意されている。

それは数が限られた半額弁当を得るための最終的な手段のわけだが、半額弁当が殴り合いをしてでも欲しいというわけだ。
つまり、逆説的に考えれば、半額弁当を得るためには何をしてもゆるされるというわけだ。

もちろん作中ではそのような姿勢を見せた敵はあっさりと敗れ去った。

集団戦を得意とするダンドーと猟犬群に対し、主人公である佐藤 洋は自力で勝ちとることに
意味があると考えた。

そして、HP同好会の次なる敵ガブリエル・ラチェットのモナークが半額弁当を得るという目的を見失い、
逆に強さのみを求めているのに対し、槍水先輩がその目的の大切さも説いた。

つまり、半額弁当と自力で勝ち取ること、この2つが両立して初めて半額弁当を得たと
言えるわけだ。

ただ、最終話でこの説は崩壊してしまう。

最終話の前に、そもそも集団戦も弱いものが半額弁当を得るための立派な手段であると思う。
それを否定したら結局は弱者は強者の前になすすべがなくなるからだ。

つまり、半額弁当を手に入れるためならどんな手段を講じても許されて然るべきだと思う。
そもそもそれが一番の目的なのだから。

もっとも、それを許したら、必然的に狼達は徒党を組んで集団同士の争いになることは必至なのだが・・・

そして問題の最終話。

10話からオルトロスと呼ばれる最強の狼が現れる。

この狼の強さは異常で、モナークや、槍水先輩も倒されてしまう。

はっきりいってどうやってこの最強の狼を攻略するのか、最終話にとても期待していた。

ところが、最終話では槍水先輩は風邪で寝込んだまま参戦せず、何よりその内容に驚いた。

11話の最後でヘラクレスの棍棒という狼が登場したのだが、その狼の戦略に期待していたのだが、
その戦略とは無駄な抵抗をせず半額弁当を引き渡すというものだった・・・

最終目的は半額弁当を手に入れることであり、このような作戦は絶対にありえない。

しかし、よくよく考えてみると、半額弁当が残りひとつでない限り、オルトロスたちが弁当を手に入れても
まだ半額弁当は残っている。

それに、最終話ではっきりしたことは、強い狼相手にはどうにもならないということだ。
弱い狼はみんなハイエナになるしかない。

集団戦などでもその戦い方が非難されたが、 それと同等の強さを持つ個の出現によって、
微妙なバランスを保っていた戦闘バランスが崩壊してしまった。

つまりバトルを楽しむことと、半額弁当を手に入れることの両立はありえないというわけだ。

さらに、最終話で佐藤による説得wでバトルが始まるも、なぜかオルトロスがバトルで負ける。
これは本当にわけがわからなかった。

なんで槍水先輩やモナークを倒したオルトロスが負けるんだろうか。負けた理由は何だろうか。

残念ながらそこの部分がはっきりせずこのアニメは終わる。最後は仲間内で仲良く半額弁当を食べていた。
オルトロスも含めて。

これこそが本当の馴れ合いではないだろうか。このような戦いを行いながら集団戦を否定する
主人公・・・

・・・色々批判を書いてしまったが、やはり半額弁当を手に入れるということと、バトルを楽しむという
2つの目的は両立し得ないものであるということが改めて明らかになったと思う。

このアニメは日常はとても面白く描かれているし、色々な要素が詰め込まれており、
指摘した部分意外は本当に楽しめた。

それだけに最終話での方向転換というか、突きつけられた現実が非常に大きかった・・・

最終話でのストーリー崩壊を恐れず、奇抜な設定で面白いバトルアニメを見てみたいという人には
本当にお勧めだと思う。というか多くの人にも是非観て欲しいアニメだと思う。

なんだかんだいいながら、これだけ楽しめたアクションアニメは久しぶりだった・・・

好きなキャラ:
二階堂 連

なんとなく頼りないところが主人公とそっくりだが、行動力はこちらのほうがある。
物語を通して最も成長したのがこの狼ではないだろうか。
主人公の影を薄めることに大きく貢献した。

嫌いなキャラ:
特になし。

このアニメは本当にどのキャラも愛すべきキャラで満ち溢れていた。このアニメと
出会えたという幸運に感謝したいと思う。



関連記事
スポンサーサイト


アニメ 感想 一覧表へ
面白いと思ったらクリックしてください<(_ _)>

テーマ : ベン・トー
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

このブログについて
このブログはアニメについての感想を書くブログです。 なので、まだアニメを見ていない方は 注意してください。

フォウラ

Author:フォウラ
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
ブログランキング参加中です
面白いと思ったらクリックお願いします<(_ _)>
新作アニメ情報
Loading...
ツイッター
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

物井や四街道の風景

アニメこれを見てみた
お気に入りブログと製作会社
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ライター系
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。



サンプル・イベント・モニターならBloMotion
あなたのお気に入りアニメを教えてください
RSSリンクの表示
巡回サイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。