スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 感想

Angel Beats!
制作会社:ピーエーワークス
初回放送時:2010年4 月 TBS
評価:SS
全13話

学園 友情 ファンタジー 死後の世界

たまたまこのアニメの12話を視聴したのだが、何となく気になって
最終回まで観た後最初から見直してみたらとても面白かったアニメ。

まず、このアニメは矛盾した行動をとるキャラや設定に関して突っ込みどころがとても多い。
だが、そもそもこのアニメでは世界観の設定からして何でもありの設定なので、
それらに突っ込むこと事態意味はないしできないのでそれらに関しては
放置しておこうと思う。

最初にこの世界に関して、私はこの世界は生前あまり良くない人生を送った人間が転生?するまでの間に
過ごす場所なのではないかと思う。

現に、この世界では多くの登場人物たちが思い思いの行動をとって過ごしている。
例えば、天使という仮想の敵を設定して戦っていたゆりっぺは生前戦いたかった
衝動がこの世界での行動原理になっているし、その他のキャラについても
同様だ。

ただ、この世界から消滅する条件について、作中では音無によって生前かなえられなかった望みをかなえること
だとされるが、それについて私は、死を受け入れることではないかと思う。

例えば、ゆりっぺは12話で満足したはずなのに消滅しなかったのは、死を受け入れて
いないからだと推察できるし、直井なども同様だと考えられる。

そもそも生きていたときにできなかったことを死んでから満足するとかいうこと自体、おかしい。

次にこの世界の存在目的について、この世界は死んだ人間が一時的にとどまり、
消滅していくための世界であると考えられる。

だから、そのために必要な物は何でもそろっているし、何でも用意されるというわけだ。

例えば、かなでのやりたかった心臓を提供した人物にお礼を言うことという目的について、
思い残すことなどなかった音無がこの世界に召還されたのではないかと思う。

もし上記の仮定の通りだとしたら、心臓を提供した音無のほうが、かなでより後からこの世界に
来た理由に説明がつく。

以下上の仮定を前提に話を進めようと思う。

ここで、このアニメの最大の魅力である音無について。

彼は最終話でこの世界に残ることをかなでに提案したことについて唐突感が否めないが、
これこそが彼の最大の魅力だと思う。

彼は生前から死後まで、少なくとも彼自身は他人のために存在してきたと考えているようだが
外から観ればそれはすごくこっけいで単なる自己満足でしかない。

そして、そんな音無の最悪なところは他人のためというお題目を利用して自分の望みを達成しようとしているところだ。

生前は不明だが、他人を消滅させるという建て前を利用して死後はかなでと2人っきりでこの世界で
過ごそうと画策するなど、なかなかの偽善者だ。

だが、そこがいい。

もし誰もこの世界からいなくなった後で音無が一人この世界に残ることを決意するようなことがあれば
私はこのアニメを、音無というキャラを好きになれなかっただろう。

最後に音無がかなでに告白するも振られ、先に消滅されたことに絶望し最後の最後で本性を現した姿ことで
ああ、音無も人間なんだなという安堵感に襲われた。

私は完璧なる偽善者は好まない。

さて、ここからは私のさらに勝手な推論となる。

かなでに振られた音無がこの世界から消滅したかどうかが問題だと思う。

今まで他人のために生きてきて最後に本心を打ち明けるもあっさり拒否された音無が、
かなでを追って簡単に消滅したとは私には考えられない。

なぜなら、音無はかなでと自分の二人っきりの世界のために他人を消滅させてきたことは明らかであり、
かなでがいなくなった今死後の世界に残ることは意味を成さない。が、他の登場人物は
それぞれ死を「受け入れて」消滅したのであり、音無が死を「受け入れる」ためには
かなでに振られた音無にはできない。

この時点で死を「受け入れる」にはかなでに振られたことについて満足しなければならないからだ。

このように本来この世界に来るべきではなかったのに、かなでによって召還された音無は、
そのかなでの消滅によって決して死を受け入れられない状態になってしまった。

おそらく音無は、自業自得とはいえ、哀れにもこの世界に永遠に拘束された存在となってしまった
わけだ。

かなでを追いかけて消滅できないストーカー音無がどれだけ長くこの世界のとどまろうと、
音無が唯一望むかなでは音無が死を「受け入れる」条件ではないため、
かなでが音無を召還した場合と違い、永遠にこの世界には現れない…

やがて音無は、待つことに疲れ果て、自身を何とか消滅させることはできないかと考えた…

自分をこの世界から消滅できないなら、自身をNPCにしてしまえばいい事に気づくのも
時間の問題だろう。

そして音無はエンジェルプレーヤーというプログラムを開発し、この世界から消滅できない
自分を無理やりNPCにした…

そして、そんなNPCとなった人間に死を受け入れさせるため、エンジェルプレーヤーを
破壊することができるゆりをこの世界に召還し、高松が人間に戻れたのと
同様に音無も人間に戻ることができた。

人間に戻った音無は、かなでをはじめ、かつての仲間達がかつての自分のおかげで
満足そうに死を受け入れて消滅していく姿を見て、かなでとともにこの世界で
暮らすという野望を捨て、うまれかわったかなでと安心して消滅したのだと思う。

なぜなら、この世界がNPCとなったとはいえ、かなでがもう一度この世界に
出現したということは、かなではNPCとなった音無が仮に人間に戻っても、前回の音無のように
死を「受け入れる」障害にはならないと判断したのだと思う。


以上のように、実は、この世界はループしていたのだ。

最後の最後でかなでと共にこの世界に残ると音無が決断しなければ、NPCが影になって
メンバーを襲うこともなかったであろうことを考えると、本当に
音無は最低のやつだと思う。

だがそれをいってしまうと音無をこの世界に呼び出したかなでが一番悪いことになって
しまうし、彼も人間だったという証明だと考えれば、それで納得がいくと思う。


いろいろ不満な点はあったが、物語り全体を俯瞰してみればこれほど面白いアニメはそうはないと思う。

完璧な人間などいないし、最後に残される事を考えれば、そういう弱さがでても
ぜんぜん不思議じゃないと思うし。

音無の最後の行動は賛否があるだろうが、視聴者は大目に見てやってほしいと思う。

…それにしても音無は生まれ変わってもかなでを追い掛け回してたようで、
よくあの世界で消滅できたなw

好きなキャラ・嫌いなキャラ:
音無 結弦

良くも悪くもこのキャラを置いて他にない…
常に物語の中心であり、この男なくしてこのアニメは
ここまで盛り上がらなかったと思う。

スポンサーサイト

テーマ : Angel Beats!
ジャンル : アニメ・コミック

このブログについて
このブログはアニメについての感想を書くブログです。 なので、まだアニメを見ていない方は 注意してください。

フォウラ

Author:フォウラ
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
ブログランキング参加中です
面白いと思ったらクリックお願いします<(_ _)>
新作アニメ情報
Loading...
ツイッター
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

物井や四街道の風景

アニメこれを見てみた
お気に入りブログと製作会社
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ライター系
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。



サンプル・イベント・モニターならBloMotion
あなたのお気に入りアニメを教えてください
RSSリンクの表示
巡回サイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。