スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔乳秘剣帖 感想

魔乳秘剣帖
制作会社:フッズエンタテインメント
初回放送時:2011年7月 UHF
評価:A+
全12話 完結

江戸時代 忍者 侍 ファンタジー 時代劇 幕府 友情

正直最初はあまり期待していなかったのだが、予想外に面白かった、優良アニメ。

まず、とにかくOPとEDがいい。これはアニメよりも何倍もかっこいい。
正直あまりにも良すぎてアニメを食ってる感さえする。

肝心のアニメのほうなのだけれど、このアニメ軽そうなんだけど人が死んだりするから
それほど軽くは無いんだけど、このアニメの中で何度も言われているとおり、

豊乳は富であり絶対。貧乳は人に非ずなので、いくら人が死のうがそんなのお構いなしなのがすごいw

胸にこだわる前に命にこだわれよ・・・

特に影房が自分が今までやってきたことを棚に上げて千房を逆恨みしていたのには、
さすがにあきれた。

いくら豊乳が正義だといっても、影房がしてきたことは許されないだろ普通・・・
それなのに被害者の気持ちを理解するどころか自分の胸のことで
頭が一杯とか、ありえないだろ・・・

桜花もおっぱい小僧を斬っておいて、自分の胸のことしか考えていないとか、
常識では考えられない思考をするし・・・

・・・今言ったようにこのアニメの根幹を成す設定が最後まで付きまとってくるのだけど、
それを別に気にしなければ、普通に面白いアクションアニメとして最後まで見ることが
できると思う。

特に名前を忘れたがwエッチな大名の立ち回りの場面は良かったし、
千房の戦いもかっこよかったしすごく見ごたえがあると思った。

なので私はこのアニメはギャグアニメではなく、優良なアクションアニメだと思う。

クイーンズブレイドまでは面白くないが、それとはまた違ったベクトルで、匹敵する面白さなので、
まだ見ていない人は是非見てほしいと思う。

好きなキャラ:
千房&楓

物語を通して人間としても剣士としてもどんどん成長していく姿に共感を覚えた。
楓の恋が実って欲しいと強く思う。

嫌いなキャラ:
影房&桜花

こいつら自分達が今までやってきたことを省みず何被害者ぶってるんだよ・・・
自業自得だろ、お前たちの場合は・・・いや、桜花はちがうのか・・・?
でもおっぱい小僧の件があるし・・・

スポンサーサイト

テーマ : 魔乳秘剣帖
ジャンル : アニメ・コミック

魔法少女まどかマギカ 感想

魔法少女まどかマギカ
制作会社:シャフト
初回放送時:2011年1月6日 TBS
評価:S-
全12話 完結

人類滅亡 英雄 宇宙 種族  宗教 魔法少女 エネルギー問題 SF

私はシャフトのアニメがなんとなく苦手なので、最初はこのアニメを観る気は無かったのだが、
3月の末に3話連続で放送することを知り、一体どんなアニメだろうと観てみたら
以外に先が気になる展開で面白かった。

Angel Beats!の時もそうだったのだが、私の場合、
過度な期待を抱かないで観たときのほうが、アニメに対し高評価を与える
確率が高いように思う。

まず最初に言っておきたいのが、最終話の展開について、あまりにも展開を大きくしすぎてしまい、
収拾がつかなくなった印象を受けた。

それまでテンポよくラリーをしていたのに、突然特大ホームランを打ったような感じだ。

それは、設定があまりに雑だったことから生じた物だと私は思う。

そもそも、私はこのアニメをファンタジーアニメだとは思っていない。
異星人と人類との戦いを描いたSFアニメだと思っている。

それでありながらなぜ魔法少女という単語を冠したのか、それはダークファンタジーなどという
ジャンルではなく、ただ単に設定の甘さに起因したものだと私は思う。

最初に思ったのが、この世界で魔法の定義とはどういうものかということだ。

異星人が出てきてエネルギー問題を大真面目で語りだしたと思ったら、解決策が
魔法であるという。

つまり、この世界では魔法というのはあくまで科学力による産物だということができると思う。

ただ、あくまでキュゥべえたちの種族が科学力によって発展していたらという仮定での話だが。

ではキュゥべえたちはどうやって契約者の願いをかなえることと引き換えに魔法の力とやらを
与えることができたのか。そこが最初の問題だ。

契約者の願いを魔法とやらの力に変換する仕組みが作中で全く説明されていない。

もっとも、キュゥべえたちのいう科学力は実は魔法のことで、魔法=科学というのなら
話は早いが。

次に思ったのが、この仕組みのもたらす結末についてだ。

時をさかのぼる魔法をほむらは手に入れたが、この魔法が世界の法則を書き換える
結末を引き起こす一因となったことについては間違いないが、
果たしてキュゥべえの想像を超えるような力を
どうやって生じさせたのか。

もちろん言うまでもなくほむらの時を遡る回数が多かったために、キュゥべえの
予想を超える力がまどかに与えられたのだが、そのような不確定な
要素の強い力をキュゥべえ達は本当に使い物になると
考えていたのだろうか。

また、もしもキュゥべえ達の正体を知ってまどかがキュゥべえたちの存在の
抹消を願ったとしたら、どうなるのか。

確実にキュゥべえ達の存在は消え去り、魔法少女達も
存在していなかったことになるだろう。

さらに、宇宙にどのような変化がおきるのか、ちょっと考えればわかるだろう。

果たしてキュゥべえ達はこんな不安定な力にすがるほど追い詰められていたのだろうか。
他に手段を考え付かなかったのだろうか。
今までの魔法少女予備軍でこのようなことを思いつく人間はいなかったのだろうか。

最後に、魔法少女達は絶望して魔女になるという話だが、杏子のように
生きていけば何も問題は無いのではないだろうか。

つまり、その結果魔女になる少女は少なくなり、エネルギーも得られない。

最悪、魔法少女達にキュゥべえ達は狙われることになるのではないだろうか。

魔法少女側のほうが、いくらでも対策を立てられるというわけだ。

おそらく、もっと時間が有れば灼眼のシャナのように魔法少女達のギルドとかそんなものができて
どうたらとか、話が広がっていったと思われる。

・・・ここまでぐちゃぐちゃ書いておいてなんだが、このアニメは深く考えて観てしまうと、
非常に面白くないアニメになってしまう。

気軽に観て、なんとなく楽しむ。それがこのアニメの楽しみ方だと私は思う。
それ以上考えては、危険だから。

好きなキャラ:
佐倉杏子

こいつの生き方が一番周りに迷惑を与えない生き方だったことがちょっと考えてみてよくわかった。
最後に錯乱してしまったのが残念。スタッフの自己中心的な話の組み立て方の
犠牲になってしまったことが悔しい・・・

嫌いなキャラ:
巴マミ

あまりにも優等生過ぎる。おまけにあっさりやられるし。
ほむらがいなかったら今頃どうなっていたか・・・

テーマ : 魔法少女まどか★マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

迷い猫オーバーラン 感想

迷い猫オーバーラン
制作会社:AIC
初回放送時:2010年4月 東京MX
評価:A
全13話 未完結

ハーレム 恋愛 オタクねた 学園 お金持ち 猫

ここのところ荒んだアニメばかり見ていたせいか、このアニメがすごく良く感じる…

まずこのアニメはOPがいい。観ていてとても楽しめる。アニメの内容も
雰囲気はOPと同じなので、OPを見てみてそれほど嫌だと思わなかったら
このアニメをとても楽しめると思う。

このアニメの内容に関しては、なぜか美少女がさえない主人公を取り合いながら、
お互いの友情を深め、学園生活を楽しむという、恋愛ハーレムアニメの
定番のような内容。

しかし、出てくるキャラクターがいずれも魅力的で嫌味ではなく、
くだらない内容だと思いつつ観ていて一緒に楽しんでしまった。

もっとも、私は猫が好きなので、猫が関係するアニメは総じて甘くなってしまうのかもしれないが。

ただひとつ残念なのは、時々寒いお笑いネタが織り込まれているということだ。

例えば、温泉のときは巧達が無理やり遭難させられたり、積み木ゲームでの下ネタとか、
最後のほうでもブルマ派とスパッツ派の抗争とか、全然面白くないんですけど…

それらが出てくるたびに、無理やり感が否めず、観ていて見苦しさを感じた。

できれば、全編3話のような感じで通してほしかった。

話の途中で無理やり挿入される寒いギャグにかなり違和感を感じたものの、
全体的には安心してみることができ、キャラクターが気に入れば
いい意味で無難なアニメだが、観てみて損はないと思う。

原作のほうはまだ続きがあるようなので、今後の展開がとても楽しみな作品だと思った。

好きなキャラ:
幸谷 大吾郎
癖のあるキャラクターが多い中、いいアクセントになっている。

嫌いなキャラ:
都築 巧

誰がすきなのかはっきりしろよ!といいたいが、こういうアニメだから仕方がないのかw

テーマ : 迷い猫オーバーラン
ジャンル : アニメ・コミック

マリア様がみてる 4thシーズン レビュー

マリア様がみてる 4thシーズン

制作会社:スタジオディーン
評価:B
初回放送時:2009年1月 UHF局
全13話

アニメ自体はしっかりしているのだけど、原作をアニメ化したものは
原作自体がアニメの出来に大きく影響してくるわけで、
このアニメも例に漏れずといったところだと思います。

このアニメは、私は2話にして視聴を打ち切ったわけだけど、
とにかく話がすごすぎて、ついていけなかったという感じです。

特に、基本は女同士の恋物語ですが、
学校の先輩と自分の父親が駆け落ちして、子供まで作った
という話が出てきたりして、リアルなのか、幻想なのか良くわからないような
微妙な話で、見ていて面白くもなんともなかったです。

自分は2話にして脱落したけれど、他のB評価のアニメと同じく、
この物語の世界観や話が好きだという人にとっては大きく評価が違ってくると思います。

まあ、私は萌えアニメやBL風なアニメが満ち溢れる中、
こんなアニメもあってもいいのではないかと思います。

怖いもの観たさに観てみたいという人には間違いなくお勧めのアニメだと思いますねw

関連ブログ記事
マリア様がみてる 4thシーズン 第1話 「学園祭はショック2」
マリア様がみてる 4thシーズン 第2話 「特別でないただの一日」

テーマ : マリア様がみてる 4thシーズン
ジャンル : アニメ・コミック

みなみけおかえり レビュー

みなみけおかえり レビュー
アニメ制作会社:アスリード
評価:A
初回放送時:2009年1月 テレビ東京
全13話

観れば面白いと思うけれど、
見なくても別にいいかなと思える不思議なアニメ。

とにかく南家の様々な日常が描かれているので、
面白いと思う。

ただ、話の中のギャグ?が少しおかしな展開が多いと思った。
こち亀やあたしんちに個人的にあと一歩及ばないなと思わせるのは
たぶんそのせいだと思う。

あと、ただ延々と日常が描かれるだけなので、
最後まで見る必要はないかなと途中で思ってしまうこと。

そう感じたらもう終わりだと思う。
私は途中から見なくなった。

観れば面白い。そうわかっていても、別に観なくても
いいんじゃないの?という思いによって結局は観ない。

南家のように、マイペースであることが
結局は一番いいことなんだということに気づかされたアニメでした。

過去のレビュー記事:
みなみけおかえり 第3話 「ケンカでも」
みなみけおかえり第2話 「オレも」
みなみけおかえり 第一話 「年の初めの」

テーマ : みなみけ
ジャンル : アニメ・コミック

このブログについて
このブログはアニメについての感想を書くブログです。 なので、まだアニメを見ていない方は 注意してください。

フォウラ

Author:フォウラ
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
ブログランキング参加中です
面白いと思ったらクリックお願いします<(_ _)>
新作アニメ情報
Loading...
ツイッター
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

韓国・北朝鮮について知るブログ

世の中って不思議でいっぱい

物井や四街道の風景

アニメこれを見てみた
お気に入りブログと製作会社
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ライター系
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。



サンプル・イベント・モニターならBloMotion
あなたのお気に入りアニメを教えてください
RSSリンクの表示
巡回サイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。